適応障害の特徴|ストレス性のうつを治すコツ

ストレスによるうつとは

女の人

どのような対処が必要か

私たちは日々の生活のなかで様々なストレスや悩みにさらされています。このストレスが起因で気分が落ち込んだり、やる気や生きる気力が無くなってしまったり、いつもならしないような行動をとるようになる状態を「適応障害」と言います。これは様々な心理的・社会的ストレスにより、心身の緊張状態が生じ、それが個人の素質や体質とのバランスによって色々な反応として生じます。普通ではこれらの反応は、外部からのストレスに適応するためにバランスをとる役割を果たしていますが、もともとストレスに過敏な体質であったり、過度なストレスが長期間続くと、バランスが崩れて生活上でも様々な支障をきたすようになります。対処としては、原因となっているストレスを特定し、それを解消することが挙げられます。例えば、職場の上司が非常に高圧的で、毎日厳しく叱責され続けたとします。その結果、抑うつとなり出勤できないほど気分が落ち込みます。このような状態が続くならば適応障害といえるでしょう。この場合、ストレスの原因は明らかに上司であるため、部署を変えてもらったり、職場自体を変えるなどの対応をする必要があります。

特徴には何があるか

適応障害の特徴としては、明らかなストレス因子にあってから症状が出るまでの時間が3か月以内で、症状が続く期間が長くても2年、ストレス因子がなくなった後6か月以内に症状が回復することが挙げられます。このストレス因子はどのようものでも原因となり得ますが、激しいストレスよりも、誰もが経験するかもしれないような生活上の出来事が一般的です。また適応障害と診断される人の割合はとても多く、精神科の外来にかかる患者さんの10%以上とされています。特に、身体疾患で入院中の患者さんにおける適応障害の割合は非常に多いです。症状には、抑うつ症状、不安症状、行動の障害があります。抑うつ症状の基本は、抑うつ気分と、興味や喜びの喪失です。例えば憂うつな気持ちになったり、それまで楽しめていた趣味への興味が薄れます。また思考もマイナス思考となり、くよくよと考えたり、自責的になったりします。それから不安症状としては、動機や過呼吸などの自律神経症状などがみられます。行動の障害としては、イライラ感や対人関係への過敏性などがみられ、不登校や出社拒否、引きこもりなどにつながります。こうした行動により周囲からは「怠け」「性格の問題」と決めつけられ、適切な援助が受けられないケースも多いため、適応障害の症状として理解する必要があります。

特別な病気ではありません

男の人

適応障害はある状況に適応できずに身体、情緒、行動的に症状が出る病気です。症状に関する情報、誰にでも起こり得ると言う事が理解され、心療内科も普及しつつあり、患者も早期に治療やサポートが受けられやすくなりました。

Read

環境の変化が生む心の病気

カウンセリング

適応障害とは生活環境の変化等がストレスとなり、不安・抑うつなどを感じて情緒や行動面に問題が生じることをいいます。改善するためには原因となったストレスを取り除くのが一番ですが、専門家による心理療法なども大きな助けとなります。

Read

発見しにくい病気

微笑む女の人

適応障害はうつ病は異なりある特定のシーンにおいて気分が悪くなるなど症状が現れる病気で、発見しにくく遅れがちになるものです。そのため気づかずうちに症状が悪化するなどのリスクもあります。治療法は心理的な療法が用いられます。

Read

どんな病気か

スーツの男性

誰しも社会生活や学生生活を送るうえで、思うようにいかずにストレスが溜まって悩んだり落ち込んだりすることがあります。適応障害とはこのストレスを過剰に感じてしまい、問題行動に出たり身体的な不調が出たりするような症状です。治療は周囲の人が相談に乗ったりストレスの原因を自分で解決できるようにします。

Read

自分はストレスに強いのか

メンズ

ストレスが原因で適応障害になる人は、社会的に模範的な仕事熱心で真面目な性格の人が多いのです。自分はストレスには強いと思っていてもその性格によって適応障害に陥ることがあるので、疑わしいときには専門医に相談することが大事です。

Read