適応障害の特徴|ストレス性のうつを治すコツ

どんな病気か

スーツの男性

症状の特徴

社会生活や学業に励む中で自分の希望通りにいかなかったり、理不尽な思いをすることでストレスが溜まってヤケになったり、周りにあたったりしたようなことは、多かれ少なかれ誰もがあるはずです。適応障害とは、このように社会や学校などで感じるストレスの感じ方が普通より強くあらわれ、適応することが困難になる症状のことを言います。適応障害になる原因は患者の精神的重圧に対する耐性の低さや、周囲の環境によるところが多いといえます。適応障害の症状は様々で、人によりその表れ方は異なりますが、代表的な症状としてはまずは不安症状が強く表れる状態のものがあります。また、恐怖や不安に襲われて吐き気や動悸などの身体的症状を伴います。次に、うつ症状が出る場合は、絶望感にとりつかれたり憂鬱になったりします。暴力行為に走ったり、仕事を怠ける、泥酔して問題行動を起こしたりするような場合もあります。また頭痛や腹痛、倦怠感などの身体的症状が強くあらわれる人もいます。適応障害はストレスの要因に対する恐怖の表れといえます。そのため、社会人なら出社困難になったり、学生なら登校拒否などの行動になったりします。

治療するには

適応障害になりやすい人は周りに悩みを相談できる相手がいなかったり、助けてもらえる環境がなかったような場合になりやすく、また本人のストレス耐性の低さも関係しています。たとえば、同じ職場にいて同様のストレスを受けても、それを糧にしてストレスの対処能力を高める人もいるからです。しかし、この耐性についても一定ではなく、環境によって反応も変わっていき、ストレスの内容や業務によっても変化していきます。基本的に、適応障害のきっかけになる出来事としては、転勤や人事異動や業務の変化など会社員なら職場環境の変化によるものが多いです。一方の学生なら、受験の失敗や転校や失恋と言ったものが挙げられます。適応障害の疑いがあっても早いうちに適切な治療を受けることができれば回復します。慢性化して他の精神障害にならないように早いうちに、周りに支援してもらったり。それが難しければ精神科などで専門家に相談することがベストです。適応障害に家族や職場などの周囲の人間が気づいた場合は、相談に乗ることが大事です。ただし、過剰に気を使うと、本人のストレス耐性がつかないので、主体的に解決できるように支援するようにします。