適応障害の特徴|ストレス性のうつを治すコツ

環境の変化が生む心の病気

カウンセリング

ストレスが主な原因

進級や進学、転勤による新しい職場への配属など何らかの形で生活環境に変化が起きると、誰もが多かれ少なかれ不安を感じるものです。ただしその不安も環境に慣れたり新しい人間関係が生まれたりするうち、徐々に解消されていきます。しかし、中にはいつまでたっても馴染むことができず、精神面に故障を来してしまうケースもあります。このような状態を適応障害といい、精神障害の1つとして認識されています。適応障害はストレスによって情緒や行動に支障が生じ、社会生活が困難になってしまうことをいいます。発症原因がストレスとはっきり特定されている点に特徴があります。ストレスの要因としては身の回りに起こるどんな出来事でも該当する可能性がありますが、やはり最も多いのは先に挙げた進学や転勤、引越しなどの環境の変化です。その他には失恋や親しい人との死別なども要因になり得ます。また、1つ1つはごく小さな変化でも、いくつかの要因が複合することによってストレスが蓄積されて発症に至るというケースもあります。

慢性化しないよう注意

適応障害の具体的な症状としては、抑うつ気分や不眠、食欲不振、学力の低下、攻撃的な言動などが挙げられます。国際的に運用されているガイドラインによれば、発症原因となるストレスを受けてから1か月以内に症状が出始め、通常は6か月以内に治まるされています。つまり放置しておいてもかなりの程度までは自然に治癒します。実際、自分が一時的な適応障害であったという認識がないまま平穏無事に生活を続けている場合も珍しくありません。ただ、中には6か月を超えても症状が続くケースがあります。その場合は慢性化してしまったものと見なされるため、本格的な治療が推奨されます。放置しておくと自殺願望を抱いたり、うつ病などのより深刻な症状に悩まされるおそれがあります。適応障害の治療は、対人関係療法や認知行動療法などの心理療法がメインとなります。不眠などの特定の症状に対しては薬物療法が試みられることもあります。しかし最も重要なことは、発症原因なっているストレスを取り除くことです。ストレスを回避するような対策を講じたり、気分転換などの工夫をすれば、症状の軽快が期待できます。